農地転用の手続きをするためには、まず、対象の農地がどのような分類の農地なのか、農地転用がそもそも可能なのかなどの調査が必要になります。


その分類のなかで、よく「青地」「白地」といった言葉を耳にします。

それぞれどのような農地の事をさしているのでしょうか?

青地とは、「農業振興地域内(※1) 農用地区域内(※2) 農地」のことを言います。
略して「農振農用地」または「青地」と呼ばれています。

特徴としては、今後10年以上にわたり農業利用を確保するため、農地以外の利用を厳しく制限されているのがこの農地です。また、農振除外の対象地です。
農振除外とは、農用地として指定されている土地を農用地から除外する手続きを指します。

農業振興地域」「農用地区域」とはそれぞれ以下のような地域・区域を指しています。

(※1)「農業振興地域」とは、国の定める「農業振興地域整備基本指針」に基づいて都道府県知事により指定される地域です。

(※2)「農用地区域」とは、農業振興地域内における集団的に存在する農用地や、土地改良事業の施行にかかる区域内の土地などの生産性の高い農地等、農業上の利用を確保すべき土地として指定された土地の事です。

一方、白地とは、「農業振興地域内 農用地区域外 農地」のことを言います。
青地に対して「白地」と呼ばれています。

特徴としては、農地の集団性が低く、土地改良事業を実施していない等の理由から青地の指定がされておらず、青地と比較すると農地以外への規制は比較的緩くなっている農地です。
また、農振除外は必要ありませんが、農地転用は必要です。