1.営農を継続しなければならない



PPP_tesagyoudenaewoueru500勘違いされる方も多いのですが、そもそもソーラーシェアリングは「パネル下部の農地で営農を行う方が、その営農に支障がない範囲で太陽光発電を行う」ことを前提としています。

言い方を変えれば、「ソーラーシェアリングを行うために、申し訳程度に下部の農地で営農を行う」というビジネスプランでは、まず間違いなく許可は出ないでしょう。

具体的には、パネル下部の農地で営農する方は、以下のどちらかに限定されることが多いようです。

897k・農業生産法人

・農業経験者

特に農業経験者の場合、例えば農家証明が取得できる方に限定されたり、または予定作付作物の営農経験が必要だったりと、申請先によって様々な条件が付されます。

また、収穫した作物についても、申請の時点で予定販売先や販売金額、年間の売上予想等も提出する必要があります。

「とりあえずパネルを立てて、家庭菜園程度に営農する」では、許可を取得するのは非常に困難です。

その他のソーラーシェアリングのポイントは、以下をクリックしてください。