農地転用画像

ソーラーシェアリングに係る農地の一時転用

nouchi1太陽光パネルの設置を目的として農地を転用しようとしたが、許可が下りなかった。何とか出来ないか?

最近、このようなご相談を受けることが非常に多くなっています。

転用を考えている農地が農用地区域内農地であったり、または甲種第一種農地であった場合には、基本的に太陽光パネル設置のための農地転用は出来ません。

この場合には、確かに非農地証明を取得出来る場合もありますが、25年以上の耕作放棄地で、かつ自然災害等で潰滅している土地等でないと非農地とみなされないため、可能性としては非常に薄いものとなっています。

そんな場合にお考えいただきたいのが、この「ソーラーシェアリング」です。

ソーラーシェアリングとは、簡単に言えば「耕作をしている農地の上に太陽光パネルを立てて、営農と発電を同一場所で行う」というもので、正確には「支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可」と言います。

こちらは通常の農地転用と違い、農用地区域内農地や甲種・第一種農地であっても、転用許可を取得することが可能な場合があります。

但し、ご注意頂きたいのは、「普通の転用がダメだったから、ソーラーシェアリングにしよう」といった安易な考えで許可申請を行うと、その許可の厳しさに計画を断念することになる、ということです。

このソーラーシェアリングのポイントは、大まかに言いますと以下の通りです。

詳細につきましては、お知りになりたい番号をクリックしてください。

 

▼代行手続きのご不明な点等、まずは、こちらからお問い合わせください。


農地転用のご案内 予約・お問い合わせは04-7196-6921へお電話ください!
農地転用に関する面談はこちらから!
農地転用@千葉埼玉茨城トップページへ

このページの先頭へ